美白をイチから考える失敗しないホームスキンケアや頭を悩ますシミ・シワの対策、化粧品の買い方、食事で肌悩みを解決する方法までご紹介しております。
失敗しないホームスキンケア > スキンケア豆知識 > 肌のバリア機能とは?どうしてバリア機能が低下する?原因と対策は

肌のバリア機能とは?どうしてバリア機能が低下する?原因と対策は

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

肌には4つの重要な役割があります。それは「バリア機能」、「新陳代謝機能」、「体温調整機能」、「センサー機能」です。
肌のバリア機能とは、外部からの刺激をブロックしたり、肌の潤いを逃さない働きがあります。
このバリア機能が低下するとシミ・シワ・たるみを発生させ老化を早めてしまうんです。ですから肌のバリア機能はとても大切なんです。
そこで今回は、肌のバリア機能を詳しくご紹介し、バリア機能の低下が引き起こす症状やバリア機能の低下の原因と対策をご紹介致します。

肌のバリア機能とは?どうしてバリア機能が低下する?原因と対策は!?

 

肌のバリア機能とは!?バリア機能の低下の原因と対策

ご存知のとおり肌は人間を丸ごと覆っていて外部との境界線になっています。
そのため、肌は外部からの刺激をブロックして、肌の潤いを逃さない重要な働きをしているんです。

肌のバリア機能の働きはこの2つです。
・外部からの刺激をブロック
・肌の潤いを逃さない

肌のバリア機能の一つに、体内に異物が入るのをブロックする働きがあります。
たとえば、細菌やウィルスなどの侵入を阻止して、感染や病気を予防し紫外線によって細胞のDNAがダメージを受けるのを防ぎます。
もっとも外側にあるのが表皮で、約0.2ミリと非常に薄くラップのように全身を覆って外部から体を守っています。

表皮の中にでも1番上にある角質層は角質細胞と言われるウロコのような細胞がみっちりと並び物理的に外的刺激を遮断しています。

表皮の中にでも1番上にある角質層は角質細胞と言われるウロコのような細胞がみっちりと並び物理的に外的刺激を遮断しています。
さらに、角質細胞の隙間をセラミドやコラーゲンなどの細胞間脂質が埋め、微生物やアレルゲンが入り込む隙間も与えません。
また肌は体内の水分の蒸発を防ぐ働きもあります。
我々は体重の約60%が水分と言われています。
その重要な体内の水分が体の外へ逃げないようにするのも肌のバリア機能の役割です。
角質にあって水分をキープするNMF(天然保湿因子)や皮脂や汗で構成される皮脂膜もバリア機能を担っています。

 

肌のバリア機能の低下はシミ・シワ・たるみを発生させる

バリア機能とは、肌の潤いを守る力とも言えます。
なぜなら、バリア機能には外的刺激や紫外線をブロックして体を守る役割と同時に内側からの肌の潤いを逃さないようにする役目もあるからです。
バリア機能が低下してしまうと紫外線など外部からの刺激をダイレクトに受けてしまって、肌がヒリヒリしたり、赤らんだり、炎症といったより深刻なトラブルにつながります。
また水分を与えてもその潤いを守るバリアがなくなるので、乾燥しやすくなります。
その結果、水分と油分のバランスが崩れて肌弾力などにも深く影響し、シミ・シワ・たるみなどを発生させて老化を早めてしまうんです。
バリア機能の中でも潤い保持を主に担っているのが皮脂膜とNMF(天然保湿因子)、そして細胞間脂質です。
皮脂膜は皮脂と汗が混ざったもので肌の表面に天然の保湿膜を形成し、体内から潤いが逃げるのを防いでいます。
また、角質層内にあるNMFは潤いを抱え込んでキープします。
さらに重要なのがセラミドやコレステロールなどから構成される細胞間脂質で、多層に重なる細胞の隙間を埋めて水分の逃げ道を物理的にふさいで蒸散を防ぎます。また、セラミドには水分を抱え込むを作用もあります。

 

バリア機能を低下させる原因

肌のバリア機能を低下させる一番の原因は「乾燥」です。
実は、乾燥を防ぐためのバリア機能は、肌が乾燥することで低下してしまうんです。
肌が乾燥することで、バリア機能が弱まりどんどん潤いを守れなくなり、さらに乾燥が悪化すると言う負のスパイラルに突入してしまうんです。
肌の乾燥は空気が渇くことで起こるほか、加齢によっても進みます。
赤ちゃんの頃は必要なかったスキンケアが大人になると必要になるのはそのためです。
さらに洗いすぎも乾燥をひどくさせます。

 

バリア機能を回復させる対策

バリア機能を回復させる対策は、ズバリ「保湿」です。
毎日使っているスキンケアの基礎化粧品で、NMF(天然保湿因子)や細胞間脂質に必要な水分と保湿成分をたっぷりと与え、その水分を維持するために皮脂膜の役割を果たす油分を与えてあげることが大切なんです。化粧水やローションで水分だけを与えるのではなく、美容液や乳液で油分も与えてあげることを忘れないようにしましょう。

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

error: Content is protected !!