美白をイチから考える失敗しないホームスキンケアや頭を悩ますシミ・シワの対策、化粧品の買い方、食事で肌悩みを解決する方法までご紹介しております。
失敗しないホームスキンケア > スキンケア豆知識 > 肌を汚くする内的原因TOP5!肌を綺麗にしたい人必見♪

肌を汚くする内的原因TOP5!肌を綺麗にしたい人必見♪

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

肌を汚くする原因は何も紫外線や乾燥などの外的原因だけではありません。
体内で発生する活性酸素やダイエットなどからくる栄養不足などにもよって肌が汚くなることもあるんです。
水分と油分のバランスが良いキメが整っている健康な肌づくりを邪魔する「内側の敵」が潜んでいるんです。
しかも知らず知らずのうちに蓄積して結果大きなダメージを与えるものばかりなんです。
特に活性酸素は肌にとっては大敵。なぜなら、肌本来の働きができなくなる上、老化も加速させてしまうからなんです。
そこで今回は、肌が汚くなる内的原因のTOP5をご紹介致します。

 

肌を汚くする内的原因TOP5!肌を綺麗にしたい人必見♪

 

内的原因1 活性酸素

肌を酸化、いわゆる錆びさせる活性酸素は大敵です。なぜなら、肌本来の働きができなくなる上、老化も加速させてしまうからなんです。
ちなみに、この活性酸素とは、「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」のことで、私たちは呼吸によって大量の酸素を体内に取り入れていますが、そのうちの約2%が活性酸素になるといわれています。
その活性酸素には、3大栄養素(炭水化物,タンパク質,脂質)をエネルギーに変える時に発生するスーパーオキシドアニオンや毒性がスーパーオキシドの数十倍も強く,がんや生活習慣病,老化などを引き起こしますヒドロキシルラジカルなどがあります。
この活性酸素が実はとても困りもので、あらゆる細胞に対して攻撃的で、さらにいはくっついて細胞を酸化、サビさせてしまうのです。
活性酸素からの攻撃を受けると、もともとの正常な働きが鈍ったり、役目を果たせなくなったりして肌の老化が加速し、シミやシワ・たるみなどのエイジングサインが現れてしまうんです。
また、がんなどの病気の原因にもなると言われており、健康な肌と体を保つためには活性酸素から細胞を守ることが大事なんです。

 

 

内的原因2 栄養不良

肌を作るものは食べ物です。ダイエットで食事を制限したり、偏った食事や間違った食生活では美肌になれません。なぜなら、私たちの体はたくさんの細胞からできていて、その細胞が健やかに育つために必要なのが栄養であり、食事から摂取するものだからです。
肌や筋肉・内臓などあらゆる器官の原料となる良質なタンパク質はもちろん、そのタンパク質を健康な細胞に変えるお手伝いをするビタミンやミネラル、抗酸化物質も必要不可欠ですし、細胞を作る上で必要なエネルギーの源となる糖質も適度に摂取したいところです。また、肌の自然な潤いヴェールを作る皮脂の材料の良質な脂質も必要です。
健康な肌のためには5大栄養素(炭水化物・脂質・たんぱく質・ミネラル・ビタミン)を中心にバランスよく食べましょう。何かが不足していたり栄養バランスが偏ってでは健康な肌も決して生まれません。

 

 

内的原因3 ストレス

ストレスを受けると一時的に血液の流れが悪くなり、これを元に戻どうと活性酸素が発生します。
さらに、体がストレスに打ち勝とうと、副腎皮質ホルモンを多く消費します。この副腎皮質ホルモンは、もともと体内で発生した炎症を沈めるために分泌されるものであり、ストレス対策に多く使われてしまうと肌に炎症が現れやすくなります。
また、ストレスは女性ホルモンなどの影響を与えるため水分と油分のバランスが乱れて乾燥しやすくなったり、ニキビができやすくなることもあります。

 

 

内的原因4 血行不良

バランス良く摂取した栄養素も細胞の1つに、その栄養が行き渡ってこそ健全な細胞が育ちます。その栄養の運搬役である血液がスムーズに隅々まで流れていくことが大切で、滞りがあると細胞が栄養不足に陥り、健康な肌は育まれません。
また、血行が悪いと血の気がなく、青白く見えたり正常なターンオーバーが行わずに古い角質が肌の表面にたまりくすんで見えることもあります。
女性に多い原因としては、冷え性や運動不足で筋肉量が少なくなり血液を循環する力が弱まることがあげられます。

 

 

内的原因5 睡眠不足

肌を綺麗にするには睡眠が必要

 

肌の調子が悪い理由は修復機能と成長ホルモンの低下が考えられます。
細胞がその日に受けたダメージを修復すると言うのが睡眠中の身体の機能です。
睡眠時間が不足するとその修復機能が十分に働くことができず、細胞にダメージを受けたまま残ってしまいます。
また、細胞を活性化させて生き生きとした肌に導く成長ホルモンは、体内時計の影響を受けるため不規則に睡眠をとるとうまく分泌されません。
毎日6から7時間ほど規則正しい睡眠をとることが大事です。さらに寝る前の環境も大切でスマートフォンやパソコンを眺めると脳が刺激され快眠の邪魔をします。

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

同ジャンル・関連ページ


error: Content is protected !!