美白をイチから考える失敗しないホームスキンケアや頭を悩ますシミ・シワの対策、化粧品の買い方、食事で肌悩みを解決する方法までご紹介しております。
失敗しないホームスキンケア > スキンケア豆知識 > 肌を汚くするのは紫外線だけではない!気をつけたい外的原因TOP5

肌を汚くするのは紫外線だけではない!気をつけたい外的原因TOP5

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

体内に潜んで肌を汚くする大敵は「活性酸素」ですが、肌は紫外線など外部からもダメージを受けてシミやシワ・たるみなどのエイジングサインが現れます。
肌を老化させる原因の8割が紫外線と言われています。もちろん遺伝的な要因はあるものの紫外線は肌の老化を早めると言われています。ちなみに、活性酸素とは、「ほかの物質を酸化させる力が非常に強い酸素」のことで、あらゆる細胞に対して攻撃的で、くっついて細胞を酸化、サビさせます。その結果、肌の老化が加速し、シミやシワ・たるみなどのエイジングサインが現れてしまうんです。
また、がんなどの病気の原因にもなると言われており、健康な肌と体を保つためには活性酸素から細胞を守ることが大事なんです。
肌を汚くする外的原因には紫外線のほか、乾燥やタバコ、大気汚染などもあります。
そこで今回は肌を汚くする外的原因を5つご紹介致します。

 

肌を汚くするのは紫外線だけではない!気をつけたい外的原因TOP5

 

外的原因1 紫外線

見た目だけでは分からないDNAレベルでダメージを与え健康な肌づくりを邪魔する一番の敵が「紫外線」です。
外的原因のダントツ1位は紫外線で、実に老化の8割が紫外線によるものと言われています。
紫外線を浴びると細胞のDNAに傷がつきますが人間の体はよくできていてDNAは傷つけられっぱなしではなく睡眠中に修復する能力を持っています。
ただし、加齢で修復能力が落ちていたり紫外線を浴びすぎたりすると、この働きが追いつかなくなり様々なトラブルにつながるのです。
また乾燥が進んでバリア機能が低下すると、紫外線からDNAを守ろうとしてメラニンの生成量が増えてシミやくすみの原因にもなります。
さらに紫外線が真皮に到達するとコラーゲンやエラスチンなどが破壊されたりしてシワやたるみの原因にもなります。

 

 

外的原因2 タバコ

タバコは「百害あって一理なし」と言われるほど体や肌には良くありません。タバコの煙を吸うと活性酸素が発生し血流も悪くなり肌細胞が攻撃され肌が汚くなります。
タバコを吸わないからと安心していられません。なぜなら、受動喫煙でも体や肌に影響があるからなんです。
タバコの害と言うと吸っている本人だけの問題と考えがちですが、実は周りの人の方が危険なんですよ。
それはタバコの煙からでる副流煙のせいです。副流煙は、喫煙者が直接吸い込むタバコの煙よりも大量の有害物質を含んでいるのです。
副流煙は、脳の大敵である活性酸素を発生させ、それを除去しようとしてビタミンCなど肌にとって必要な抗酸化成分がそこで使われます。結果、健康な肌を育むための栄養が足りなくなってしまうんです。さらに副流煙に含まれるニコチンが血管を収縮させ血液の酸素運搬で能力がダウンし、脳の細胞に十分な栄養が届きにくい状態になります。新しいダメージを修復させることもできなくなり老化が進むのです。

 

 

外的原因3 乾燥

乾燥は美肌の大敵のひとつ

 

肌の乾燥は、バリア機能を低下させてどんどん乾きやすい肌へ負のスパイラルになります。
肌の表面は角質細胞や細胞間脂質によってみっちり埋められていますが、肌が乾燥するとその埋められているものに隙間ができて外的刺激が侵入しやすくなります。
つまりバリア機能が低下してしまうんです。すると紫外線の影響を受けやすくなるだけでなく、細菌やウィルスが肌の中に入り込んで炎症が起きやすい状態になってしまうんです。さらには細胞間脂質の量も減ってしまうので、水分キープ力が弱まり、より乾燥しやすくなって柔軟性も低下し、シワやくすみ、吹き出物などにつながります。

 

 

外的原因4 大気汚染

日々深刻さをます汚染物質の飛来は体や肌の不調も引き起こします。
排気ガスや花粉・黄砂そしてPM2.5らは、肌に触れるとアレルギー反応を起こすことがあり、炎症が起きてバリア機能が弱まります。
その結果、赤みが出たり、ヒリヒリしたりすることもあります。さらに、そういった炎症を鎮めようとして免疫機能が使われ、本来の健やかな肌を保つために使われなくなってしまいます。また、大気汚染物質は体内にも入り込んで炎症起こし、その対応で免疫力や栄養が持っていかれるため、肌はいつもなんとなく不調と言う状態になりがちです。

 

 

外的原因5 スキンケアの間違い

お手入れ不足や間違ったケアが肌を傷めて肌トラブルの原因になることもあります。
肌のためにと思ってお手入れをしても、ちょっと間違えれば逆効果になります。
洗顔ひとつをとってもメイクや汚れが落としきれていなければ、毛穴が詰まってニキビが発生したり、熱いお湯で洗うと皮脂が流れすぎて乾燥しやすくなるし、タオルでゴシゴシ拭けば摩擦によってメラニンが生成されたり色素沈着を起こすこともあります。
その他、水分だけを与えていると油分が足りずに乾燥が進んだりしたりします。UVケアをしないのももってのほか。マッサージグッズの使い過ぎは皮脂の組織を壊して将来たるみになりかねません。

 

 

 

Facebook にシェア
LINEで送る
Pocket

同ジャンル・関連ページ



コメントをどうぞ

入力いただいたメールアドレスは公開されません。
個人情報などを記入された場合、投稿いただいたコメントの該当箇所を編集して公開するか、もしくは非公開にします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

error: Content is protected !!